【修繕】外壁、窓、屋根-W様邸

有名な建築家の先生が設計した家を中古で購入したW様。木の使い方が素敵な住宅ですが、流石に30年の月日が経つと色々痛みが目立ってきます。元の家の雰囲気を壊さないのはもちろん、再利用できるものはしっかり使って修繕しました。

施工前。

一番傷みがひどかったのは、窓の部分。木製の窓枠、庇が風雨にさらされて腐っていました。サッシ本体は再利用可能でしたので、枠の部分を下地、モルタルから補修し、取り替えました。庇部分は、少し大きめにせり出すように作り直し、板金を巻いて保護しました。これで木製窓に雨が当たりづらくなり長持ちします。



外壁のモルタルは表面にクラックが入っていましたが、まだまだしっかりしているので、表層に表面クラックが出づらいに弾性がある仕上げ材を塗って補修します。

今回の住宅は古くても通気工法が採用されており、モルタル外壁の弱点である雨漏りの不安が少ないため、モルタル外壁の風合いを活かし最小限の補修にしました。

現在はモルタルを塗る職人さんが減っているため、上からサイディングを貼って簡単に済ませる業者も多いですが、サイディングと違って継ぎ目がなく、モルタルならではの風合いと重厚感があり、防火性にも優れています。きちんと補修すれば長持ちする素材です。

 

屋根の板金も剥がれていましたので、張り替えました。外壁の一部に貼られていた木材も痛みが激しいものは取り替え、使えるものはそのまま利用。ブラウンの塗装を施しました。バルコニー部分は腐っていたので新たに作り直し、車庫も痛みがひどかったので外側をガルバリウム鋼板の外壁に張り替えました。(中川寛隆)